薬膳マイスターさんが誕生しました

本日は薬膳の入門資格「薬膳マイスター」養成講座24期 日立クラスが無事に終了し、薬膳マイスターさんが誕生しました。通ってくださった皆さま、本当にお疲れ様でした。

今日の調理実習では、中国のお友達からいただいた重慶火鍋の素と青山椒を使って、本場重慶の火鍋の味を再現しました。本物の重慶火鍋は陰と陽の二種類のスープで、具材をしゃぶしゃぶのようにして食べます。

それから米粉を使って皮から手作りの焼き餃子を作りました。日本では餃子を焼くのが普通ですが、中国の餃子は水餃子や蒸し餃子がほとんどで、前の日に残った水餃子を食べる時などに、フライパンで焼き餃子にして食べます。

今日も地元の夏野菜たっぷりの発酵食品メニューを組み合わせて、東京ガスさんのガスの炎で、美味しい料理が完成しました。季節的に起こりやすいお血や痰湿の症状のある方に効果ありです。


東京ガスエネスタ多賀さんのクッキングスペースで、私をはじめ何人の生徒さん達が元気をいただいてきたことでしょう。8月の薬膳・食育・料理技術検定講座、日立クラスは都合によりお休みいたします。笠間クラスは8月も通常通りのレッスンになります。

次回の薬膳マイスター養成講座26期 日立クラスは、9月11日(水)からの開講です。受講生を募集していますので、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいネ。

これからもご家庭の食卓に薬膳を取り入れて、毎日を笑顔で過ごしていただけますように。