カーボロネロの玉子焼き

みなさま今日も一日お疲れさまでした。我が家の夕食の一品をご紹介します。家族にも大人気、カーボロネロの玉子焼き。
カーボロネロはアブラナ科のケールみたいな葉っぱで、表面がデコボコ縮れていて、肉厚で多肉植物みたいなイメージの野菜です。結球はしませんが日本では黒キャベツと呼ばれているそうですよ。
寒さに強く、冬の間も途切れなく収穫できて、霜に当たるとさらに甘味と旨味が増して、煮込み料理や炒め物に最適です。木の里農園さんの野菜宅配便「野菜ボックス」の中に、カーボロネロのゴワゴワの葉っぱを見つけると、テンション⤴
我が家では色々な料理に使用していますが、私は玉子焼きが一番好きです。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもなりますよ。


アブラナ科の食材は、免疫力を高めてくれる栄養成分が含まれています。さらに緑黄色野菜は油とも相性が良いですね。
これからもバランスの良い食事と運動と休養に心がけて、毎日を元気に笑顔で過ごしましょう。