『家庭の食卓で楽しむ季節の薬膳』高萩市中央公民館講座

今月も高萩市中央公民館講座『家庭の食卓で楽しむ季節の薬膳』の講師をさせていただきました。
今はまさに夏至を過ぎて梅雨真っただ中、熱中症の予防についてスポーツ栄養学の視点からもお話させていただいて、薬膳の食養生や茨城の食文化も交えながら調理実習を行いました。


今が旬の赤紫蘇をたっぷりと使用しましたので、赤紫蘇に含まれるアントシアニン「シソニン」の影響で、全体的に料理が黒っぽい仕上がりになりました。
トマトやズッキーニなどハイカラな野菜を使用する前の精進料理です。


今、茨城県では赤紫蘇があちらこちらで収穫されています。
赤紫蘇は漢方薬にもなっている食材で、ジュースにしたあとの出がらしで、ゆかりふりかけを作りました。茨城県ならではの、フレッシュな薬膳食材を使用した贅沢な御馳走です。


調理実習の後は、皆でワイワイ試食タイム。
体調管理や健康維持の秘訣などお話しながら、楽しいひと時を過ごしました。

今回も、高萩市中央公民館の皆さまには、大変お世話になりました。

次回は7月24日(火)です。
また元気な笑顔でお会いできますように。