こどもの秋の行楽弁当~作り置きおかずでスピード調理

今日は高萩市立第一幼稚園さんのふれあい勉強室講座1日目
『こどもの秋の行楽弁当~作り置きおかずでスピード調理』を
担当させていただいて、園児のママ達と楽しい時間を過ごしました。


お揚げさんをコトコト炊いて、
地元高萩産のムカゴ、ずいき、はやとうり、サツマイモ、ゴボウなどなど
泥付き野菜を調理しながら、切り方や保存方法なども伝授。


そのあとは野菜の下処理などママ達が手際よくこなしてくれて、
海苔やチーズを切る作業も予想以上に楽しく盛り上がり、
ハロウィンバージョンも登場したりで
ママ達オリジナルのお稲荷さんがたくさん出来あがりました。


おかずと一緒に、それぞれ持ってきた弁当箱に詰めて完成です。
試食タイムには、『おべんとうのうた』を元気よく歌って
託児のお子様も合流してママと一緒にモリモリ食べてくれました。


毎日お弁当を作るママ達は、子どものためにとても真剣です。
お弁当は、ワンパターンでもいいんです。
残してきてもいいんです。

1日分の栄養は、おやつや朝晩の食事でも補えること、
お弁当の時間は園生活の中で唯一の家庭のぬくもりを感じるリラックスタイムであること、
お友達とお弁当を見せ合ったりおしゃべりしたりする楽しい時間であること、
そんなことを思い出しながらどうかママ達も肩の力を抜いて、
毎日のお弁当作りを楽しんでいただきたいなと思います。


今日も秋晴れの気持ちの良い一日、
こんな日はお弁当を持ってお子様と一緒に外ランチも楽しいですよね。