農と食を実践的に身に付ける「食育」

水戸市内原町に所在する専修学校 日本農業実践学園にて食育授業を行いました。


本日は学園の先輩でもある日立市の樫村ファームさんの聖護院ダイコンを学生たちとともに考察。
おいしい野菜を作るためには土壌作りが大事。
そしておいしい野菜を作るためのソフトとして、土台となる丈夫な体作りも大事。


この日本農業実践学園は、季節の移ろいを身近に感じることのできる広大な農場で、学生たちが実習に励んでいます。
先日、小規模ながら毎年恒例の収穫祭を開催しました。


卒業に向けて、色々なことが追い込みの時期に来ていると思いますが、そんな時でも日々の規則正しい食生活を忘れずに。苦労の後にはきっと明るい未来が待っていることでしょう。