地元食材で楽しむ薬膳講座

新型コロナウイルス対策のため、検温、マスク着用、手指の消毒、三密を避ける行動にご協力いただきながら、常陸太田市生涯学習センター講座「地元食材で楽しむ薬膳講座」が、交流センターふじにて開講になりました。
第一回目のテーマは「胃にやさしく、元気の出る薬膳」として、座学の後に調理実習を行いました。


座学では、うちの補助講師フキ子さんの美味しいプチセミナーも。土用の丑の日に食べると元気が出るとされるウナギの蒲焼に欠かせない「山椒」について、葉の利用の仕方、実の収穫時期による味の変化と下処理など学びました。


その後、調理実習室に移動して、今が旬の赤シソを余すところなく使ったメニューを作り、試食の席は向かい合わせにならないように、ソーシャルディスタンスを取りながら座りました。


今回の講座開催にあたり、生涯学習センターの皆さまには、大変お世話になりました。
次回9月の講座もどうぞよろしくお願いいたします。皆さまと、また元気な笑顔でお会いしましょう。