農業の学校の食事

全寮制の農業の学校にて、
大切な食の部分を担う栄養部門の講師をしています。
学生たちの授業や実習、行事に合わせて、
朝昼晩の食事や弁当を作っています。

本日25日は、学園直売所の毎月恒例「にこにこセール」でした。
栄養部門では、学園伝統のカレーを作って、
直売所の特設テントにてサービスさせていただきました。

学生たちの学食での食事には、
学園伝統カレーの他に
採れたて野菜のサラダ、自家製ヨーグルト
自家製ジャム、自家製福神漬けなどが付いて
とっても贅沢なメニューです。

高等科1.2年生の調理実習では、
自家製の食材を使用して
ハンバーガーを作りました。
ポテトとシェイクも作って
まるでハンバーガーショップのようで
高校生男子も楽しそうでした。
熱中症予防の話をすると
みんな真剣に吸収してくれます。

DSC00432
今の季節は、採れたてのブルーベリーを
味わうこともできます。
ブルームたっぷりでほんのり甘酸っぱくて
パクパクと口にほおばるという贅沢なおやつ。

DSC00433
午後3時の休憩には
手作りおやつが加工部門から届きます。
今日は、手作り「きなこ揚げパン」。
とっても懐かしいお味です。

DSC00435
夕食には、学園養豚部門の「ベジタブルポーク」の
照り焼きハンバーグ、ナポリタン、生野菜サラダ
学園産のお米で炊いたご飯。

全部自家製の食材を使用していますので
学生たちは自分で栽培・収穫した農畜産物が
どのように食卓に並ぶのかを学ぶことができます。

学園のキャッチフレーズである
『「生命の源」それは農業』。
健康な農畜産物があってこそ
私たちも健康に生きることが出来るのです。
命をいただくという感謝の気持ちを
これからも伝えていきたいと思います。