水戸ボーイズ栄養セミナー

BCリーグ茨城アストロプラネッツのユースチーム水戸ボーイズの、夏休み栄養セミナーを開催しました。会場は茨城県水戸市内原町に所在する日本農業実践学園。広大な農場を眺めながら、屋外での青空セミナーとなりました。


まず初めに「食べることで作られる!ジュニア期の心と体」をテーマに、体の仕組みや栄養素・生活などをお話したあと、実際にケガや病気に負けないおにぎりを青空クッキングしました。気温が30℃越えでしたので中々ご飯が冷めませんでしたが、補食の必要性と、温度と細菌の関係があることを分かってもらえたら嬉しいです。


そして栄養バランスや菌のコトを考えながら一汁三菜のうちの主菜を調理。学園産のベジタブルポーク肩ロースを炒めて、手作りの合わせダレで調味、炒め合わせました。家でもお料理をするボーイズたちは、手際よくお料理を進めていました。


完成したお料理はこちらです↓
主食:パワーボール
主菜:豚肉生姜焼き
副菜:カボチャとアマニの塩麴ヨーグルト和え
副副菜:キャベツとナスのあわ漬け、エゴマの葉添え
汁:冷や汁
果物:スイカ
水分:ミネラル麦茶


味付けは全体的に塩分抑え目で作りましたが「冷や汁」は麺やご飯にかけて食べる日本の郷土料理なので、このメニューには少ししょっぱかったですね。ご家庭ではアレンジして、旬の食材のパワーをたくさん食べてほしいと思います。
水戸ボーイズ早津監督の食にまつわるお話を聞きながら、ボーイズたちもご父兄の皆さまも楽しいひと時。中学生にとって勉強や運動の合間の、食事の時間はリラックスして楽しく、副交感神経を優位にして食べてほしいと思います。
最後に、学園の牛舎、豚舎、鶏舎を見学。夏休みの思い出の一つになってくれたら嬉しいです。