料理教師夏期セミナーに参加

6月22日(土)、23日(日)の2日間に渡り、服部栄養専門学校にて開催された東日本料理学校協会主催の「令和元年夏期料理教師セミナー」に参加しました。


東京オリンピックに向けたSDGS17の目標と食育について学びを深め、日本の伝統和菓子やお出汁の引き方、家庭料理、中国料理、イタリア料理の先生方のデモンストレーションを身近に聴講させていただきました。
写真撮影OKの、落合シェフのイタリア料理の実演↓
料理名の意味や由来など交えながら、大事なポイントを楽しく教えてくださいました。


講習の合間の昼食は、発酵博士の小泉先生監修のお弁当。これはもう美味しくて感動的でした。茨城でメニューを再現して早速作りたいと思います。


講演では、オリンピック選手の本物の銅メダルを触らせていただきました。
小さいのに重さは1kg以上あったと思います。


とても簡単で食物繊維もたっぷり取れる鶏肉メニューのご試食。


今回のセミナーもとても楽しく学びのある内容で、さっそく地元茨城に帰って生徒さん達に伝えていきたいと思います。
主催いただきました東日本料理学校協会の皆さま、全国料理学校協会の大先輩 神奈川の阿部先生、全国の諸先生方、本当にお世話になりありがとうございました。