笠間公民館講座「発酵を学ぶ~菌で元気!」開講

毎日の食生活に欠かせない納豆・醤油・日本酒・味噌など、発酵食について学びましょうをテーマに、2019年度前期 笠間公民館講座「発酵を学ぶ~菌で元気!」4回シリーズが開講になりました。

この講座は常陸発酵食品ネットワーク(茨城県北)が講師として協力。第一回目の今日は「納豆編」で、常陸太田の納豆製造メーカー 金砂郷食品さんによる講義と、日立の薬膳料理教室 ジオフーズによる調理実習を行い、実際に納豆を使って洋風メニューと和風メニューを作り試食をしました。


まず最初に金砂郷食品さんのクイズ形式の講義から始まり、とても楽しく盛り上がりました。
その後に、茨城の郷土料理メニューを取り入れた調理実習。
メニューは、納豆つと豆腐、納豆ジェノベーゼ、納豆コールスロー、納豆えのき和え。


郷土料理の新しい食べ方に、ご参加の皆さまも会話が弾んでとても楽しそうでした。
茨城の特産品をご家庭でも沢山召し上がってくださいネ。


今回の講座では、常陸発酵食品ネットワークの金砂郷食品さん、ジオフーズの発酵ガールの皆さま、笠間公民館の皆さま打ち合わせから当日の運営まで大変お世話になりました。
笠間公民館講座「発酵を学ぶ~菌で元気!」4回シリーズは、あと3回続きますのでどうぞお楽しみに。
また今回4月のお申込期限を過ぎてからのお申し込みは全てお断りさせていただいており、残念ながらご受講できなかった皆さま、大変申し訳ございませんでした。またきっとどこかでお会いできると思います。
金砂郷食品さんと(自称)発酵ガールズ↓


農業改良協会様からの月刊誌『農業いばらき』のプレゼントを手に皆さま笑顔で帰られました。
これからも茨城の発酵食品や農産物を沢山食べて元気になりましょう!
この様子は、NHK番組「いば6」などで放映されました。
皆々様のご協力に感謝です。