おいしい味噌になりますように

地元豊浦地区の「味噌作り教室」に参加して、味噌を10キロ仕込みました。
地元の先生 蛭田さんによると、3~4ヵ月で食べられるそうですが、夏を越すと円やかになるそうです。


昔ながらの作り方で、大豆の3倍の水に一晩浸し、2倍の水でコトコト煮ます。
煮大豆のとっても良い香りが漂う中で、みんなで作業をしていきました。


塩きり麹を作り、潰した大豆と混ぜ合わせる作業。


仕込んだ味噌は、樽に入れて密封し、それぞれの家庭で育てます。
春ごろに味噌独特の香りがしてきたら、もう食べられるそうですよ。
おいしい味噌になりますように!