中国滞在記 その4

家族の赴任する中国に滞在しています。
こちらでは皆で賑やかに食事をするのが好きなので、朝食や夕食は毎日のように会食になりますが、日中は主人を会社へ送り出すと、私は自宅で仕事をしていました。
こちら東莞は、日本よりも南に位置しているので毎年夏は30℃越えですが、今年は日本の気温よりは涼しくて過ごしやすい毎日です。


地下鉄も、近年になって急速に発達して、とても便利になりました。


近くの公園には直売所があって、バナナやパパイヤ、葉物野菜が並んでいます。


相変わらず、私にとって中国語の発音は難しく、梨とパパイヤを一個ずつ買おうとしたら、何故かたくさん買わされてしまいました。


冬虫夏草をスーパーの薬局で買う時は、主人も一緒だったので、交渉の結果、少し安くしてくれました。
本物かな?


温暖な気候の東莞では、道端にハイビスカスが一年中咲いています。
南国の雰囲気。


ゴルフ場はとても平坦で、フェアウェイは狭く、とても難しいところです。


冷え性の私にとっては、ここ東莞はとても過ごしやすいところです。


ただひとつ、道路に落ちているゴミがとても多いのが残念。
分別という概念も、たぶん無いと思う。


広州に在り=広州」という諺があるように、人々が食のシーンをとても大切にしているところ。
自分の生まれ育った家庭の料理を、自信をもって伝えているところが、とても魅力的だと思う。