初春の養生三宝和漢膳

新年明けましておめでとうございます。
本年も茨城県の美味しい食材を心を込めてお伝えしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

今日は、水戸エクセルカルチャースクールにて、
「おうちで楽しめる ハッピー薬膳料理教室」の講師をさせていただきました。

1月に入り、寒さとともに葉物野菜が甘みを増して、
美味しい季節になりましたね。
冬の野菜と、寒魚をたっぷり使用して、和風アクアパッツアを作りました。

DSCN2424
茨城県は冬場の白菜の生産量が圧倒的に多く、
11月から1月にかけての東京都中央卸売市場への出荷量のシェアは9割近くにもなります。(いばらき食と農のポータルサイトよりhttp://www.ibaraki-shokusai.net/season/season_hakusai.cfm)

白菜は、薬膳では大根・豆腐とともに「養生三宝」と呼ばれ、
冬の健康づくりに欠かせない食材として重宝されてきました。
白菜に含まれるカリウムは、余分な塩分を体外に排出する働きもあります。

白菜・大根・豆腐は、涼性の食材ですので、温性のものと組み合わせて、
この時期にたっぷり楽しんでいただきたいと思います。

DSCN2429
新年最初の講座では、受講生の皆さまがそろって元気に顔を合わせることができて、とても嬉しく思います。
いつも私のほうが元気を頂くくらい笑顔の絶えない講座です。

今年もこの笑顔を忘れずに、1年間走り続けたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。