「緑のスープ」菜花やカブの葉を使ってもいいです♪

4月も半ば、常陸太田市 木の里農園さんでは、
満開の山桜と、雪のように舞い上がる花びらが
とても綺麗だそうです。
野菜ボックスでは、わさび菜、からし菜、リアス赤からし菜
などの葉物野菜たちが顔をそろえていて、
サラダやお浸し、スープなどに大活躍!

DSC00855
【緑のスープ】

~材料(作りやすい分量)~

・青菜 150g
・ネギ 150g
・じゃがいも 500g
・ブイヨン 6カップ
・牛乳 1カップ
・塩 小さじ2


~作り方~

1.青菜は、サッと熱湯にくぐらせ、粗みじん切りにする。
  じゃがいもは薄切り、ネギは斜めに切る。

2.鍋にオリーブオイル(分量外)を入れて火にかけ
 中火でじゃがいもとネギを炒め、色が変わり炒まってきたら
 ブイヨンを加え、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。

3.青菜と、少し冷ました2をミキサーにかけて、
 鍋に戻し、塩で味を調える。


~百姓かあちゃんのワンポイントアドバイス~

そんな菜花たちは、実は栄養価も高い緑黄色野菜の仲間です。
カロテンや水溶性のビタミンCが豊富なので、
油と相性がよく、またサッと茹でるなど、
火を通し過ぎないことがポイントです。