糠床生活のすすめ

日本の伝統的な食文化「糠漬け」を楽しむ生活をおすすめします。

糠床の中には菌達の生態系が作られており、毎日糠漬けを食べてかき混ぜることによって糠床内の生態系が維持されていきます。私たち人間はそれらを分けてもらい体内に摂り入れることで、腸内環境を整え健康維持にも役立てることができます。

糠漬けを毎日食べていると、自然に糠床内をかき混ぜる作業が伴いますので「糠床を毎日かき混ぜるのが面倒」という概念は消えてゆくものと思います。

当料理教室では直営のレストランにて、毎年「糠床」を手作りする手仕事教室を開催しています。

簡単に出来る糠床キットも販売されていますが、自分で手作りすると味の調節も出来て、季節ごとにおいしい糠漬けを食べることが出来るんです。

手仕事教室も開講して丸3年になりますが、初めは糠床のお世話が何となく面倒と言っていた方たちが、今ではどの野菜がおいしいとか、漬かり具合はどのくらいがよいとか、糠漬けを楽しんでいる姿を見ると、とても嬉しい気持ちになります。

私が一番好きな糠漬けは「ニンジン」。品種によって変わってきますが縦割りに4等分して丸一日漬けたものが一番食べごろと思います。

「大根もおいしいけれど、わりと漬け過ぎてしょっぱくなるから浅漬けがいいよね」そんなことを店のスタッフと話しながら、店のメニューにもこのところ毎日糠漬けをお付けしてお客様にご提供させていただいています。

皆さまどうぞお店の方にも、ぜひお出かけくださいませ。

アグリキッチンもぐもぐ ☎0294-87-8800 茨城県日立市東滑川町5-1シーマークスクエア1階フードコート内

IMG_8954