光圀プロジェクト「台所の薬草で薬膳料理を楽しもう」

水戸市内原町 日本農業実践学園調理室、
水戸市植物公園主催の『光圀プロジェクト「台所の薬草で薬膳料理を楽しもう」』にて、東京薬科大名誉教授 医学博士 指田豊先生の講義の後
、とっても簡単な薬膳料理をご紹介させていただきました。
スタッフ含め総勢100名のご参加をいただきまして、本当にありがとうございました。

水戸藩 第二代藩主 徳川光圀は『救民妙薬(きゅうみんみょうやく)』という
日本最古の家庭療法の本を藩医に命じてまとめさせました。
水戸と薬膳はとても深い関係があるのです。
薬膳とは、季節の食材の性質を理解しながら、
体調や症状に合わせて作るオーダーメイドの家庭料理です。

お友達や家族との大切な外食の時に、思いっ切り楽しみたいから、
普段から家庭での食事には気をつけておきたいですね。
薬膳の知恵を学ぶと、毎日の食事作りも楽しくなります。

今日も参加者の皆様と楽しい時間を過ごさせていただきました。
これから冬に向かって寒くなってまいりますが、季節の食材を楽しんで、
みなさまどうぞ健やかにお過ごしください。 — 場所: 水戸市植物公園



2013-11-4