食改さん「おやこの食育教室」伝達教室

今日は地元の食改さんによる伝達教室がありました。
毎年夏休みに開催される「おやこの食育教室」のための勉強会です。
本番は8月8日(土)に開催予定で、場所は地元の豊浦交流センターです。

茨城県は農林水産物が豊富なこともあり、
食生活改善推進員(通称 ヘルスメイト:略して 食改さん)の活動が
とっても盛んなところです。
茨城の食改さんたちは自分たちで作った野菜がどんな料理に合っていて、
どんなふうにアレンジできて・・・とすべて知りつくしており
新しいレシピが次から次へと生まれてきます。
県民の健康を支えているといっても過言ではありません。
そんな私も日立市の食改さんのうちの一人です。

DSC00534
「おやこの食育教室」メニューは、
ミートソーススパゲッティ
サラダがおいしい!にんじんドレッシング
ミルクプリン
の3品で、エネルギー、タンパク質、脂質、塩分、野菜量など
きちんと計算されているヘルシーメニューです。
包丁の持ち方や、スポーツドリンクの成分まで学びながら
親子で楽しく調理していきます。

日立市は県内でも成人の生活習慣病の比率が高いので
健康づくり推進課の指導のもと、
塩分はできる限り使用せずに子供の頃から
素材の味と香りでいただくように徹底されています。

DSC00537
そうしているうちに、地元ならではの夏の風物詩 
この辺では「海からのモワモワ」と言われている
白いモヤが海からモワモワとやってきました。
いつも午前11時くらいにやってきて
午後2時くらいには消えてしまいます。
この「海からのモワモワ」の中に入ると
ひんやりと冷たい空気でとても気持ちが良いのです。

今日も地元の食改さんたちから
伝えていかなければならないことを沢山学び、
たくさんの元気をいただきました。
いくつになっても明るく元気な食改さんたちを見ていると
「農」と「食」は生命の源であるとつくづく感じるのです。