茨城の身近な野草を食す「スベリヒユ」

茹でた時の酸味とほろ苦さとぬめりが、
芥子和えやおかか和え、
冷奴や納豆にもよく合う「スベリヒユ」。
生薬名は「馬歯見(ばしけん)」と言い、
利尿作用などがあります。
一度に多食せずに、茹でて少しずつ楽しみます。

我が家では、地元の有機農家「木の里農園」さんにお願いして
有機栽培の「スベリヒユ」をいただいています。


農家さんから直送の採れたて「スベリヒユ」は
とっても美しくてポキポキと手で折れます。
お湯でさっと茹で冷水に取り、
ギュッと絞ります。

すぐに食べないときは
保冷パックに入れて冷凍庫に保存し、
使うときに熱湯で解凍して
和物や、納豆や、オムレツなどにして食べます。

ご自宅で採取されるときは
ワンちゃんの散歩コース以外の
化学肥料や農薬を使用していない場所から
花が咲く前の柔らかい部分を摘み取ってくださいね。
 
 
遊びに来てね♪