日立のオオシマザクラが満開です

新型コロナウイルスの影響で様々なことが規制・自粛され、先を見通すことが難しい今日この頃ですが、皆さま元気にお過ごしでしょうか。
日頃からウイルスや菌と共存している私達ですが、今の状況は特に一人一人が気持ちを引き締めてさらに感染防止に努めていかねばなりません。
そのような中で私達は社会のルールに従って、食と健康を必要とされるご家庭の食卓へお届けしています。


先日、その日立市内の仕事先で、ふっと空に目をやるとオオシマザクラが満開を迎えていました。鳥が運んできたのでしょうか「こんなところに」と思うほど土手っぷちの場所に根付いていて、それはもう野性的で見事な枝ぶりでした。

今ちょうど、日立の桜並木ではソメイヨシノが満開を迎えていますが、日立の山々では草木が芽吹き、オオシマザクラをはじめとする山桜たちが、野山を彩り始めています。私の大好きな風景が目の前に訪れています。「日立を桜の町にしたい」という先人たちの想いで作り上げた風景、次世代へずっとずっと残していきたいと心の底から思いました。