共楽館とジオ丼

Tabi-ぶらin Hitachi『ある町の高い煙突』と旭町「三春」で海の音。
ジオ丼も共楽館での昼食時に御伴させていただきました。
共楽館は、日立鉱山の福利厚生施設として大正時代に作られた劇場で、
現在は、日立武道館として使用されており、この日も少年剣士たちが
元気に練習しておりました。


地元の野菜で、地元のメニュー
「おごご」と「けんちん汁」もご用意。


噴火を待つ間に、ジオ丼のご説明を。


みなさん興味深そうに、噴火体験&発掘体験。


映画化される『ある町の高い煙突』の話でも盛り上がりました。


昼食の後、私もtabiぶらに合流して、地元を散策。
日立鉱山から開けて行った日立の町の歴史を
あらためて感じることが出来た1日となりました。