大洗海岸の自然と歴史とジオ丼と。

今日は大洗町教育委員会生涯学習課主催
【大洗学講座】第2回講座『大洗海岸の自然と歴史』が開催されました。


午前中は、茨城県北ジオパーク推進協議会の、大地の案内人
ジオネット水戸・大洗 インタープリターのみなさんによる
大洗海岸の大自然の中での案内。
お天気も良くて、海風も心地よく、海も最高のロケーションです。

ジオフーズでは、大洗中央公民館にて、
お弁当の万年屋さんに作っていただいたジオ丼で
昼食時に楽しくレクチャーさせていただきました。


大洗の、中生代 白亜紀の海岸で、茨城県北ジオパーク応援弁当ジオ丼の
ご飯の地層からアンモナイト(に見立てたアサリの佃煮)を発掘する。
みなさんとても興味深く召し上がっていました。


午後からは、大洗町教育委員会生涯学習課の職員さんによる座学。

大洗の海を、遊んで、食べて、学ぶ、という3部構成の
盛りだくさんの『大洗学講座』となりました。