3月の手仕事教室「手作り味噌」

今日はアグリキッチンもぐもぐにて、手作り味噌教室を開催しました。
お豆は茨城県産大豆と在来種の青大豆「青御前」とをブレンドして、麹は玄米麹と一般的な乾燥麹をブレンドして、世界に一つしかない自分だけの手作り味噌を作っていただきました。


作業はまず前日に豆を洗い、丸1日浸水させます。
向かって左側が「青御前」。


そして翌日、火にかけること3時間。
豆が指でつぶれるぐらいの固さになるまで茹でます。

どちらも同じぐらいの火加減と時間で茹で上がりました。
炊きたてのお豆は、つまみ食いしたくなるほど風味豊か~。


今日のお豆が麹の力でどんどん熟成して、3か月過ぎ頃から食べることが出来ます。
ただし、その頃の味噌は「若味噌」と言って、豆の風味はありますが塩がちょっときつめ。
土用の時期を過ぎて秋ごろになれば、うまみが増した円やかな味噌になることでしょう。