稲刈りをしました

水戸市内原町 日本農業実践学園の週末農業「農ある暮らし講座」では、春に植えた「ゆうだい21」の稲穂がたわわに実り、稲刈り作業を行いました。
有機栽培は、菌や虫や爬虫類と共存している環境で、どのように野菜が成長していくのか知ることが毎回とても面白いです。


作業は、手刈りして藁で束ね、小田掛けをして、再来週まで天日干し。
1本の藁から、ご飯茶碗約1杯分の米が収穫できるそうです。
学園の加工場で、新米の試食も予定していますよ。楽しみ♪


日本農業実践学園では、様々な農作物が実りの秋を迎えています。

日立市の農場レストラン「アグリキッチンもぐもぐ」でも、学園の野菜が大活躍しています。
肝心な料理の写真は撮りそびれてしまいましたが、今日もたくさんのお客様に足をお運びいただき感謝です。