湊線に乗って平磯海岸ジオツアー

夏の平磯海岸ジオツアー
茨城県北ジオパーク インタープリター(大地の案内人)のみなさんと一緒に、
地形が作り出した人間の暮らしや歴史などのガイドを受けながら、
JR勝田駅から、ひたちなか海浜鉄道湊線に乗って
平磯海岸の約4.5kmの道のりを歩きました。


湊線には、こんなに可愛いらしくデコレーションされた
一両編成の電車が走っています。



今まで、何となく通り過ぎていた平磯海岸も
地形の成り立ちのガイドを受けてみると
本当に面白くて、とても貴重な場所なのですね。
この白亜紀の地層から、アンモナイトの化石が
発掘されているそうです。

 
帰りは磯崎駅から湊線の電車に乗って、
昼食場所のひたちなか交流センターに向かいました。


昼食には、茨城県北ジオパーク応援弁当「ジオ丼®」の
5月に販売開始したばかりの「噴火しないタイプのジオ丼®」です。


もちろん宮澤孝子のレクチャー付きで
みんなで楽しく美味しく発掘作業。

平磯海岸の、白亜紀の地層の上を歩いて
ジオ丼で、白亜紀の化石を発掘しながら食べる。


みなさん化石(に見立てた食材)を発掘できた様子で
目をキラキラと輝かせながら食べるその瞬間がとても嬉しいのです。

それから今日は30℃超えの炎天下の中を歩きましたので
熱中症が心配されましたが、IPのみなさんが
こまめに飲み物や飴などを配ってくださり
全員が無事に完走&完食しました。


私も、ジオ丼のお供に、夏バテをしないように
胡瓜梅和えを持って行きました。

夏の平磯海岸ジオツアー
海風が心地よく、茨城の良いところをまた一つ発見です。